SMの世界へようこそ

銀歯取れた。

一年ほど前に入れたやつ。

穴まで開いてら。

施術したのは近所にある歯医者。

此処へ移り住んで、初めて行く所だった。 だからちょっと、くすぐったい感じで口を開けたんだ。

患者は俺一人。 二十歳くらいの助手の女の子は、まだ不慣れな様子。 気の毒なくらい何度も先生に叱られてる。

さて、いよいよ被せますってことで助手の子が準備。

「先生、出来ました。」

「はい、じゃあ口、開けてくださーい。」

って、言われるまま口を開けて待ってたんだ。 すると、

「おーい、これ水分多いなぁ。もっとこれ、ねっとりしてなきゃダメじゃなかぁ!!」

「すいません・・・。」

「次から気をつけなさいっ!!」

なんてやり取りがあったんで、もうちょっと時間かかるなぁと思ってたら、

「はーい、じゃあいきますよ~。」 って、

あれっ? 先生、ちょっとその水分多めの、ちょっとその、ねっとりしてないやつぅ?

口はきけない。 先生の顔をチラ見しながらも、 女の子によだれを吸われながら、口をだらしなーく開けている俺。

あのこれ、

意外なくらい抵抗意識が薄れて、受け入れてしまうものなのですね・・・。

あれっ? これ完全にSMの世界じゃねえか!!

うーん、なかなかやるなぁ!!

SM !!

そして、 何事もなかったように終了・・・。

いつの間にやらその歯医者、今はマッサージ店になってます。

さぁて、 明日は新しい歯医者さんに行って 今度はもっと、 ねっとりしたやつでやってもらうぜっ!!


  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン